ページの先頭です。

古いブラウザでご覧の場合、スタイルシートによるレイアウトが無効になる場合がございます。ぜひ最新のブラウザでご覧ください。

メニューをスキップし、本文へジャンプします。



本文のはじまりです。

採用情報

HOME>採用情報>社員メッセージ>社員メッセージ#02

社員メッセージ#02

仕事は与えられるものではなく、獲得するもの

アットホームな社風に惹かれて

就職活動中に様々な企業を見ていく中で私は「SEだけにはなることはないだろう」と考えていました。それは、”黙々とパソコンに向かって仕事をする”というイメージが強かったからです。しかしクリナムを知り、元々抱いていたイメージが払拭されたことが入社のきっかけとなります。当時、クリナムの会社説明会に参加したことは今でも鮮明に覚えています。一番印象に残ったのは、物腰の柔らかさです。アットホームといった方がわかりやすいですね。説明会に参加されている社員同士の気さくなやり取りを見て、「自分もこの一員になりたい」と感じました。そうした「人との繋がり」、つまりコミュニケーションに重みを置いていることに強く惹かれ、入社を決めました。

先輩が目標 自分で仕事を獲得できるSEになりたい

私が1年目の時からお世話になっている方は、知識が豊富であり高いコミュニケーション能力も持ち合わせています。仕事の時は厳しく指導してくださり、仕事以外の付き合いでは楽しませて頂いたりとメリハリもしっかり出来ていて、まさに私の理想像だと思っています。更に、「仕事は与えられるものではなく、獲得するもの」という格言も持ち合わせていて、そういった姿勢はとても参考になり、身近に目標とする方がいるのはとても幸運なことだと思います。ですので、私も指示待ちの姿勢ではなく、積極的に仕事を獲得できるSEになることを目標として日々業務に取り組んでいます。


モチベーションを上げることができる、公平な評価

私は配属されてから大規模な開発業務に携わる機会が多くありました。開発規模が大きいということは、それと比例して作業や必要とする知識も多くなります。わかならない事があったり作業が立て込んだりと苦労した点はたくさんありました。しかし、その分だけ評価として返ってくるので、「やってて良かった!」とモチベーションを上げることができ、次の仕事への原動力となりました。反対に、自分自身で良くなかったと思う点があった時は、評価もそれ相応となっていたため、そういった意味では「上の方はちゃんと見てるんだなあ」と思い、良い評価が貰えるように常に努力することが大切だと感じます。


私のキャリアステップ

入社1年目4月
本社にて新人研修を受講。汎用系・オープン系と両方のプログラミング言語を習得。
入社1年目7月
大手生命保険会社にて損害保険システムの大型プロジェクトの一員として、システム開発に携わる。
入社2年目4月
損害保険システム現行保守チームに所属し、主に契約管理システムに関する保守を担当。
大規模開発案件にて、外部設計や内部設計を経験。大量データ移行作業の主担当を任される。
入社3年目5月
業績管理システムの保守チームに異動し、様々な小規模案件に携わる。

本文のおわりです。


ページの先頭へジャンプします。

本文の先頭へジャンプします。