ページの先頭です。

古いブラウザでご覧の場合、スタイルシートによるレイアウトが無効になる場合がございます。ぜひ最新のブラウザでご覧ください。

メニューをスキップし、本文へジャンプします。



本文のはじまりです。

採用情報

HOME>採用情報>人材育成

人材育成

キャリアステップ

研修制度

新入社員研修

内定時にコンピュータについて全く知識のなかった方でも、コンピュータに関する基礎知識や開発言語、開発手法を身に付け、SEとしてご活躍頂けるようサポートします。

入社前研修
入社後に予定している新入社員研修の効率化・吸収力の向上を目的とし、当社から無償配布する指定のテキストに則して、自主的に進行を図って頂きます。質問は、随時ヘルプデスク(問合せ窓口)で受付け、現役SEとして活躍する先輩社員が、学習の手助けを行います。全くシステムに関して知識がない方でも、パソコンさえあれば入社前からプログラミングを経験できます。

技術研修(4月~)
入社後にはいよいよ、約4ヶ月の本格的な新入社員研修に取り組んで頂きます。コンピュータの基礎知識から始まり、ネットワーク知識、プログラミング、開発業務の工程演習と、実際の開発に携わる際に必要な知識から行動までを網羅したカリキュラムを組んでいます。順を追って進めるため、初心者の方でも、日々の成長を感じて頂ける内容となっております。また、経験者の方が十分に知識の幅を広げることができるよう応用的な課題も用意しており、それぞれが最終的な到達目標とするスキルレベルに到達できるよう、状況・レベルに応じた指導を行っていきます。
ビジネス・マナー研修
マナーというと、名刺の渡し方や電話の取り方といった狭義の意味で捉えがちですが、当社では、仕事に取り組む姿勢や上司・チームとのコミュニケーションと言った社会人としてあるべき立ち居振る舞いの全てを、「ビジネスパーソンが身に付けているべきマナー」と考えています。社員一人がマナーに反する動きをすれば、その影響は企業全体に及ぶため、企業に勤める上では必要不可欠な重要事項と捉えています。そこで、外部の研修専門機関へ委託し、ビジネス・マナー全般の習得及び理解を目的とした研修を実施しています。
OJT(配属後)
新入社員集合研修を終え、プログラミングや一通りの業務の流れを理解したとしても、実際の開発現場でそのまま即戦力として活躍できるわけではありません。各開発現場に応じたルール等の集合研修では賄いきれない部分について、配属後のOJTを通じて先輩社員から指導を受け、継続してスキルアップを図って頂きます。
成果発表会(配属1年後)
新入社員研修から職場でのOJTを通じて学んできたことや経験してきたことを振り返り、自分自身の成長を感じ、技術者としての成長意欲を高めることを目的としています。また、同期の社員や他グループの先輩社員との情報共有の場として活用するとともに、プレゼンテーションスキルの向上も目指しています。

技術教育
資格取得について
当社では、社員の技術力向上の一環として、「基本情報処理技術者資格」を初めとする「情報処理技術者資格」の取得を推奨しています。より多くの社員が資格を取得できるよう、以下のような取り組みを行っています。
 1) 「基本情報処理技術者試験」の模擬試験を実施
 2) 有資格者による個別指導
 3) 受験費用補助及び資格取得による臨時昇給(資格取得奨励制度)
スキルアップ
業界共通のITSS基準に基づき、各社員のスキルレベル判定を実施しています。この判定結果とキャリアパスを考慮し、社員の強み・弱みを客観的に確認できるようにして、どのような教育・訓練が必要かを提案しています。また、研修教材を希望者へ貸与する等、業務とスキルアップを両立できる体制を構築しています。
管理者教育

ビジネススキル・マネジメントスキル向上のために、階層別(初級・中級・上級)に管理者育成プログラムを用意しています。

初級管理者研修標準受講時期:入社3年目

担当領域の業務を一通り遂行できるようになった社員に、「若手リーダー」へとステップアップを促すプログラムであり、自己特性への理解を深め、今後に向けたアクションプランを作成します。組織で働く中では、環境・人間関係等の様々な悩みや葛藤にぶつかることがありますが、そんなときでも主体的かつ自律的な思考と行動ができるような「視点」を獲得できれば、ビジネスパーソンとして一生の財産になります。

中級管理者研修標準受講時期:サブリーダー

チームメンバーの力を責任を持って引き出し、チームとしてのパフォーマンスを最大限にするスキルを習得することを目的としており、事前に実施する上司・部下それぞれからの評価を告知される等、自身のマネジメントにおける強み弱みが炙り出される場ともなっています。参加者にとっては非常に厳しい内容ではありますが、自身のマネジメントスキル向上や組織力向上のために、この現状認識及び分析の機会は欠かすことができません。

上級管理者研修標準受講時期:グループリーダー以上
管理者が「経営者」という更に一段上のフェーズで活躍できるよう、意識変革を求めるプログラムです。ゲームやグループワークを通して経営者の視点を体験していきますが、実際の自社組織アセスメントの結果を基に、当社の将来ビジョンや組織改善計画を作成する等、実践さながらの濃い内容を少人数制で実施します。管理者それぞれが、「経営陣と部下を繋ぐ」という役割と自社への熱い想いを再認識する機会となっています。
海外研修(IT動向視察)標準受講時期:中核社員(選抜)
次代の経営を担う中核社員を選抜し、パートナー企業主催の米国情報技術視察団に派遣しています。米国情報技術の最新動向を視察し、今後のビジネス活動における視野拡大やヒューマンネットワークの形成を図ります。
視察先例:
IBM Hawthorne Industry Solutions Laboratory
IBM Silicon Valley Software Executive Briefing Center など
全社員教育
社内木鶏(もっけい)クラブ受講対象者:全社員

社内木鶏クラブとは、以下の3つを目的とした社内勉強会です。
 1) 価値観の共有
   社員が社長の考えを理解したり、社長が社員の感じ方を受け止
   めながら、方向性を合わせることにより、社風を良くする
 2) コミュニケーション能力の向上
   自分の感想を整理、発表し、また人の感想に耳を傾けることに
   より、全員の気付く心を深める
 3) 人間力の向上
   先人の教え(生き方・考え方)に触れ、そして、感じる(考える)こ
   と により、感受性を高めつつ、自ら情熱や使命感を培い、成長
   する

小グループに分かれて、月刊誌『致知』に掲載されている記事 の感想を発表し合い、その発表に対して美点凝視の観点で活発なディスカッションを行っ ています。
お互いの意見を真剣に聴き、本音、本気で語り合う場が、お互いを認め合い、尊敬し合う (相互理解)礎となり、心が磨かれ、切磋琢磨の場や自己鍛錬の場として活用できるとと もに、共通の価値観を持つことができるようになります。

【補足】
『木鶏(もっけい)』とは・・・
中国の古典『荘子』にある故事に由来する言葉で、木彫りの鶏のように全く動じない闘鶏 における最強の状態のことを示しています。転じて、真に強い 者は敵に対して何事にも 動じず常に平常心でいられること、また、如何なる境地にあっても自分の実力どおりの力 を発揮できる者の例えとして使われる言葉です。
『致知』とは・・・
致知出版社発行の月刊誌です。

小グループ単位のディスカッション

グループリーダーの発表


本文のおわりです。


ページの先頭へジャンプします。

本文の先頭へジャンプします。